マンションや工場の課題を解決!自動灌水システムで「緑地管理コスト」を低減。

マンションや工場の緑地管理コストで、大きな割合を占める水やり(灌水)。
水やりは通常管理の方による手撒きが一般的でした。手撒きは特に設備を必要としないためにイニシャルコストがかからないというメリットはありますが、ランニングコストが結構かかります。特に大規模な面積の場合、大きな負担になります。また、撒きムラも発生しやすくなります。

自動灌水システムを設置することで、人件費と撒きムラによる無駄な水を減らし、コストを低減できます。

手撒き散水:管理する人がホースなどで水を撒く

(メリット) ◆ イニシャルコストがかからない。◆ 樹木の生育を常に見ながら灌水できる。 (デメリット)◆ ランニングコストがかかる。◆ 植栽帯以外に水がかかることも多く、余分な水と多大な時間が掛かる。撒きムラもある。◆ 灌水している間は別の作業ができない。◆ 管理人の休み等の関係で灌水頻度にムラができる。

自動灌水システム:緑地内にホースを敷設し、コントローラーにより灌水を自動制御

(メリット)◆ 均等に散水ができる。◆ ランニングコストを大幅にカットできる。水遣りの手間がなくなる。◆ 無駄な散水を抑えられる。 (デメリット)◆ イニシャルコストがかかる。◆ コントローラーの故障等に気をつける必要がある。

● 手撒き散水と自動灌水システムのコストシミュレーション 50m2の緑地で自動灌水システムの敷設ホースが100mの場合

前提条件

自動灌水システムのイニシャルコストは330,000円ですが、ランニングコストはひと月あたり 4,140円

コストシミュレーション

水やりにかかる費用は、手撒き灌水と自動灌水システムでは1年以内にコストは逆転します!

より詳細な資料をお探しの方へ→カタログ・資料請求WEB

このページのトップ