• 屋上緑化 TOP
  • 屋上緑化工法(庭園型)「ビバソイルシステム」

庭園型緑化工法 ビバソイルシステム

ビバソイルシステムの特徴

ビバソイルシステムは、水持ちが良く、自然土壌の約半分の軽さの人工土壌「ビバソイル」を主体に、排水層、自動灌水設備や樹木地下支柱、植栽見切り材などの各種資材を組み合わせたトータル屋上緑化システムです。低木の緑化から高木を取り入れた本格的な屋上ガーデンまで幅広い対応が可能になります。

軽量人工土壌「ビバソイル」の特徴

1.環境にやさしい素材 ビバソイル施工状況

ビバソイルは天然骨材と天然の有機物により構成されるため、製造過程で化石燃料をほとんど使用していません。重さは土の約半分で、建築物に対する荷重負担が少なくなります。自然の土と比べ汚れにくく、工期的に雨に影響されず施工できることも大きな要素です。

2.安全性の確認

排水試験状況

ビバソイルの安全性を実証するために様々な試験を行っています。
[排出水]
 水質汚濁防止法による一律排水基準の値をクリアーしています(右写真)。
[皮膚刺激試験]
ガーデニングの際など、人がビバソイルに触れても皮膚に対し影響を
及ぼさないことを確認しています。

ビバソイルシステム構成内容とマテリアル一覧
芝生・地被類
土厚 150mm〜
荷重 150kg/m2〜
中低木類
土厚 300mm〜
荷重 300kg/m2〜
高木類
土厚 400mm〜
荷重 400kg/m2〜
土 壌: 比重0.8のビバソイルを基準にした必要土壌厚み及び荷重です。
荷 重: 耐根層+植栽基盤+植物の1平方メートルあたり荷重です。
上記参考図面ダウンロード
PDFDWGDXF
耐熱シート・貯排水層・排水促進材・点検口
土留め枠・表面化粧・地下支柱・散水設備
ビバソイルシステムの設計段階の注意点はこちらから
ビバソイルシステムの図面はこちらから
お問い合わせはこちら→ご質問・資料請求  より詳細な資料をお探しの方へ→カタログ・資料請求WEB

このページのトップ

拡大図