• 屋上緑化 TOP
  • 自動灌水システムトップ -灌水システムの概要

灌水システムの概要
東邦レオの灌水システム(緑化のプロだからできる、植物の生育に配慮した灌水システムをご提案します。)

東邦レオの灌水システムは、 計画からメンテナンスまでのトータルサービスが可能です。

計画(植栽内容に合わせた灌水計画)

→ 灌水システムとは

→ 計画における注意点

施工(専門の職人による責任施工)

→ 施工について

メンテナンス(専門のスタッフによるメンテナンスサービス)

→ メンテナンスの重要性

植栽地に灌水ホースやスプリンクラーをあらかじめ設置して、水やりを行うシステムです。
水やりのための弁の開閉の方法によって、手動・半手動・自動に分かれています。自動の場合は、コントローラーに灌水時間と頻度をセットしておけば、 自動で水やり管理ができます。

参考フロー図

コントローラー

電磁弁に開閉の信号を送る操作盤です。灌水時間と頻度を入力します。電源により、電池式・電気式・ソーラー式などがあります。

コントローラーの詳細はこちら

点滴式灌水ホース

圧力調整機能により、ほぼ一定量の水を吐出するドリッパーを内蔵したホースです。目詰まりを防ぐ構造で耐候性もあり、長期に渡り安心してご使用いただけます。

コントローラーの詳細はこちら

電磁弁ボックスセット

コントローラーからの信号により開閉を行う電磁弁や、水に含まれる異物を取り除くストレーナーなどを収納したボックスです。

コントローラーの詳細はこちら

計画における注意点

灌水計画をする際に確認が必要な項目をご紹介します。

(1)植栽計画について

植栽地の条件や植える植物の分類によって、灌水方法(点滴式灌水ホースかスプリンクラー)や、
灌水ホースを敷設する際のホースとホースの間隔(敷設ピッチ)などが変わります。

植栽地の条件・・・屋上(庭園型・薄層型)・外構など
植物の分類・・・芝生・地被類・低木・高木など

(2)一次側給水の給水量(給水管の口径)

一次側給水管の口径により、敷設できる灌水ホースの延長やスプリンクラーの種類や数などが変わってきます。計画時には必ず確認が必要です。

 <点滴式灌水ホースの敷設延長(最大トータル延長)>

プライムホースの場合
0.2 0.25 0.3
プライムホース 180 200 220
20 357 397 437
25 558 620 682
30 797 886 974
40 1424 1582 1740
50 2232 2481 2729
(単位:m)

(3)コントローラー用の電源について

電磁弁を開閉させるコントローラーは、使用できる電源によりいくつかの種類があります。

  1. 1)AC100Vの電源が用意できる場合・・・電気式コントローラーが使用可能
  2. 2)AC100Vの電源が用意できない場合・・・ソーラー式コントローラー、電池式コントローラー

(4)コントローラーや電磁弁の現場での収まり

コントローラーはその種類により現場での設置の方法が変わってきます。詳細は当社にご相談ください。

自動灌水システム施工の流れ

(1)工事区分について

当社の施工範囲は、二次側工事(自動灌水工事)となります。

工 事 区 分 内 容
一次側工事(衛生設備工事) 植栽エリアまでの給水(水栓およびバルブ止め)
コントローラー内部までの電源供給
二次側工事(自動灌水工事) 植栽エリア内の配管、コントローラおよび電磁弁ボックスセットの設置など
現場ごとの対応 複数の独立した植栽エリアをつなぐ配管(渡り配管)
建築物内部に絡む配管・配線工事

(2)施工の流れ

植栽帯内に電磁弁とコントローラーを設置する基本的な施工(1)バルブにメタルバルブソケットを取り付け (2)HIVP管をメタルバルブソケットに取り付け (3)電磁弁ボックスを水平に置く(4)電磁弁セットとバルブにHIVPを接続 (5)コントローラーの場所を固定 (6)電磁弁とコントローラーの信号線の結線(7)電磁弁とコントローラー設置完了 (8)継手部材を使ってホース敷設 (9)電磁弁のHIVP管と灌水ホースを接続(10)灌水ホース末端部分にエンドを取付 (11)灌水ホース敷設完了

マンションや工場の課題を解決!自動灌水システムで「緑地管理コスト」を低減。

マンションや工場の緑地管理コストで、大きな割合を占める水やり(灌水)。
水やりは通常管理の方による手撒きが一般的でした。手撒きは特に設備を必要としないためにイニシャルコストがかからないというメリットはありますが、ランニングコストが結構かかります。特に大規模な面積の場合、大きな負担になります。また、撒きムラも発生しやすくなります。

自動灌水システムを設置することで、人件費と撒きムラによる無駄な水を減らし、コストを低減できます。

手撒き散水:管理する人がホースなどで水を撒く 【(メリット) ◆ イニシャルコストがかからない。◆ 樹木の生育を常に見ながら灌水できる。 (デメリット)◆ ランニングコストがかかる。◆ 植栽帯以外に水がかかることも多く、余分な水と多大な時間が掛かる。撒きムラもある。◆ 灌水している間は別の作業ができない。◆ 管理人の休み等の関係で灌水頻度にムラができる。】 / 自動灌水システム:緑地内にホースを敷設し、コントローラーにより灌水を自動制御 【(メリット)◆ 均等に散水ができる。◆ ランニングコストを大幅にカットできる。水遣りの手間がなくなる。◆ 無駄な散水を抑えられる。 (デメリット)◆ イニシャルコストがかかる。◆ コントローラーの故障等に気をつける必要がある。】

● 手撒き散水と自動灌水システムのコストシミュレーション 50m2の緑地で自動灌水システムの敷設ホースが100mの場合

前提条件

自動灌水システムのイニシャルコストは330,000円ですが、ランニングコストはひと月あたり 4,140円

コストシミュレーション

水やりにかかる費用は、手撒き灌水と自動灌水システムでは1年以内にコストは逆転します!

メンテナンスの重要性

灌水システムは、水やりの手間を軽減する便利なシステムですが、
○ ホースや電磁弁の破損 ○ コントローラーの不具合による漏水 ○ 灌水の長期停止による植物の枯れ
などにより多大な損害が発生することがあります。これらを防ぐためには、
【定期的なメンテナンス】が必要です。

このページのトップ

拡大図